お水のお仕事劇場

先輩を立てるような会話も大事

キャバクラで体入したときに回りの様子を見せてもらってすごく勉強になったんですけど求人を見てバイトするっていう感覚とはだいぶ違いました。例えば体入のときって指名してくれるお客さんもいませんから先輩キャバ嬢のヘルプで入らせてもらうんですけど、そのときは先輩キャバ嬢を立てるっていうか華を持たせるっていうかそういう感じに話題を作ることが必要なんですね。普段の生活の中でとか、友達同士の会話の中ではそういう経験がない場合は結構難しく感じます。私も難しく感じていた方で、他のキャバ嬢たちに仕事の後相談したりしましたよ。親切な人はお茶でも飲みながらって感じで教えてくれましたね。キャバクラって楽しめればいい感じがしてましたけどやっぱり奥が深いですよね。女性の質の争いっていう感じだし、バカなままでは儲からないんだなっていうことが良くわかりました。先輩にもよるけど周囲の女の子たちのことを観察しておくのも話題に必要になったりしてました。